九州旅行5日目

  • Day:2014.08.28 00:35
  • Cat:雑記
五日目はルート巡回する観光バスの一日パスを使い鹿児島市内をブラブラした日です。
といってもあまり写真撮ってないです。

市内中心部にある西郷さんの銅像。
_DSC0635.jpg

西南戦争の銃弾の痕
_DSC0652.jpg

観光バスで城山展望台着
_DSC0649.jpg

しばらく歩ると展望台から桜島が望めます。が、あいにくの天気でした。
_DSC0647.jpg

今日の目的地のひとつ。
かごしま県民交流センター県政記念館(旧県庁舎本館)
ここの2階にはレストラン「ビストロ・ドゥ・レヴ」が入っているんです。
_DSC0654.jpg

_DSC0660.jpg

メインに魚料理、肉料理が両方食べられるよくばりプレート(1500円)を注文。
前菜
DSC_0664.jpg

スープ、サラダ
DSC_0666.jpg

メインのイトヨリのポアレ&豚バラ肉のチリコンカン
メニューにはよくばりプレートと大きく書かれていたので注文したんですが、隣の席の有頭エビのジャンボフライのほうが美味そうだったな。
残念ながら混んでいたので店内の写真は撮れませんでした。
DSC_0668.jpg

鹿児島県の異人館「旧鹿児島紡績所技師館」
当時の資料が残されている。
人気の観光地、島津家の別邸「仙巌園」のほんの近くにあるんですが、何故かこちらには人が集まらないみたいですね。
貸切でした。
_DSC0691.jpg

仙巌園に入ったらしょっぱなに鎮座しておられる「150ポンド砲」。
後ろの石垣は鉄を溶かすための「反射炉」です。
島津家はいち早く富国強兵に向け軍備を整えていたらしいですね。
_DSC0674.jpg

庭園の様子
_DSC0690.jpg

ここで驚いたのがここ。「水力発電用ダム跡」です。
水が落下するエネルギーを利用して発電し、この御殿の照明や電話などに使用されていたそうです。
こんな施設まで作っていたとは…
_DSC0689.jpg

こんだけキレイに残っているなら修復して今も使用してほしいなぁ。この施設のちょっとした照明にここの電気を使うとか。
古いものこそ、使えるものはちゃんと使えたら価値が出るんじゃないかなぁ。
_DSC0687.jpg

猫神!
猫好き必見。猫が祀られているお社です。
朝鮮へ出征した7匹の猫のうち、日本に生還した2匹の猫の霊が祀ってあります。
船ではネズミ対策で猫を連れていったそうですね。
そばの絵馬には猫好きによる、自分の飼い猫がいつまでも元気でなどなどの願がかけられていました。
_DSC0675.jpg

近くの土産物屋もネコだらけ。
_DSC0678.jpg

仙巌園と尚古集成館を見学したのち、
今日の2件目の目的地「潮音館」
島津家の米蔵として登録有形文化財に登録されています。
_DSC0710.jpg

_DSC0709.jpg

オレンジシフォンとアイスティーのセット(860円)
思ったよりもボリュームがありました。オレンジの風味が良かった。
ここは鹿児島市街から離れているためかそこまで混まず、そこそこの穴場だと思います。
DSC_0707.jpg

ホテルに一旦帰ったあと、夕食、白熊で有名な「天文館むじゃき」の4階にあるむじゃき亭。
黒豚わっぜえか丼のミニ白熊セット(1560円?)
_DSC0716.jpg

コンビニやスーパーなどで売られているけど、やっぱ本場で食べると違う。
けど、冷蔵が効きすぎて寒かった!美味いけど寒い!
_DSC0717.jpg

ふらっと入った「ヘブンヒル」というおしゃれな居酒屋。
こちらでは今日のおすすめの「サバの刺身」をいただきました。
「首折れ鯖」といい鮮度を保つため、捕獲後すぐに首を折るそうです。
これは非常に美味かった。大阪じゃあまずめったに食べれるシロモノじゃないですね。
またマスターおすすめの焼酎と非常に合う。
_DSC0631.jpg

マスターと鹿児島の話をしているうちにいろいろと試飲させてもらいました。
マスター曰く鹿児島県には西郷さんや東郷提督など偉人を多く輩出しており、今の日本があるのは鹿児島県出身の人たちがいるからだと。
確かに日本の端やけども影響力を持った人を多く輩出しているんですね。
_DSC0632.jpg

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)