イエスタディをうたって10巻読了

  • Day:2014.05.20 01:06
  • Cat:雑記
戻らない過去にまだ、背を向けられない。

イエスタディをうたってという作品はビジネスジャンプで連載を開始した冬目景先生の作品です。
出会いはまだ高校生のとき、書店で2巻の表紙に惹かれて買ったのが始まりで、かれこれもう14年の付き合いです。
1巻の裏表紙には「49%後ろ向きで、51%前向きで…」と書かれているように全然話が進まないのに定評がある恋愛マンガ。

キャラが積極性が欠けるというか、とにかくみんな好きな人がいるのに「待ち」の姿勢なんです。
しかも作者がこの連載期間15年の間に次々の新連載を始めるもんだからさらに話が進まない!
浪君と同学年だったのにいつの間にかリクオの年齢をとうに越えてしまったよと、私と同じ境遇の読者も多数おられるでしょう。

しかし、そんな作品も10巻でついに終わりが見え始めました。
いろいろありましたがこのもどかしい4人の恋愛劇も終幕です。

とりあえず10巻では雨宮はリクオを殴っていいと思う。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)