ラピスドリームオーケストラ様の第六回定期演奏会へ行ってきました。

  • Day:2016.12.22 00:11
  • Cat:雑記
12月18日(日)にあましんアルカイックホールで行われた
ラピスドリームオーケストラ様の第六回定期演奏会へ行ってきました。

前回聞いたのは2年前の第4回定期演奏会にてFF6の全曲でした。
その時も、ものすごく感動しましたが、今回もやはりすごかった。

まず、最初のプレコンでFF6のアリアがきたときは思わずニヤリ。
以前あれほどの演奏をしてくれた人たちですから、
もうFF6の楽曲は手慣れてる感が…。

そして曲目は
ファイヤーエムブレム聖戦の系譜から
(公式HPより抜粋)
★【第1曲】始まり~ファイアーエムブレムのテーマ
始まり~ファイアーエムブレムのテーマ
★【第2曲】シアルフィの若き騎士 シグルド
危機1~序章(聖騎士誕生)~第1章(精霊の森の少女)
★【第3曲】アグストリアの兄妹 エルトシャンとラケシス
ロプト~敵メッセージ2~第2章(アグストリアの動乱)~第3章(獅子王エルトシャン)
★【第4曲】シレジアの天馬騎士
城下町シレジア~シレジア王宮~空を舞う/踊子おうえん
★【第5曲】運命の扉
会話1~第5章(運命の扉)~失意の果て
★【第6曲】聖戦の系譜
巡る想い~終章(最後の聖戦)~その後の大陸
~第2部~ 『クロノ・トリガー』より
(作曲:光田康典、植松伸夫)

★Ⅰ.オープニング
予感~クロノ・トリガー
★Ⅱ.現代
朝の日ざし~やすらぎの日々~ガルディア王国千年祭
★Ⅲ.中世
風の憧憬~カエルのテーマ
★Ⅳ.裁判
王国裁判
★Ⅴ.未来  
ロボのテーマ~時の最果て
★Ⅵ.太古
エイラのテーマ~風と空と大地のリズム~燃えよ!ボボンガ!
★Ⅶ.戦闘
戦い~ボス・バトル2
★Ⅷ.魔王
錯乱の旋律~魔王決戦~魔王城
★Ⅸ.古代
時の回廊~ジール宮殿
★Ⅹ.最後の戦いへ
封印の扉~シルバード~時を渡る翼~~クロノとマール~遠い約束~
★XI.最終決戦
世界変革の時~ラストバトル
★XII.エピローグ
遥かなる時の彼方へ

という、名曲ぞろい。

ファイヤーエムブレムはプレイしたことがなかったんですが、
初めてでも聴きごたえのある演奏でした。

それに音楽に詳しくなくても、配布されたパンフレットには
一曲一曲、曲の特徴やどの楽器に注目すればよいかなどの説明があり、
わかりやすく作ってくださっているので曲に入りやすいです。

そしてこのパンフレット、毎回毎回の作り込みがすごい。
いちおう本のデザインなどは多少嗜んでいるつもりです。
仕事をしながらこうして本を作る苦労はわかっているつもりなので
大変さがしのばれます。

そして、休憩をはさみ、クロノトリガーの曲のはじまりです。

予感、そしてクロノ・トリガー
最初の振り子時計の音色から
これからの冒険に対し、気持ちが昂ぶるような
力強いメロディーが流れます。
いつも自宅で作業するときのBGMで流すことがあるのですが、
やはりこのOPはテンションがあがる。

ちょっとおもしろかったのは、クロノトリガーに入ってから
曲と曲のあいだに、ちょっとした拍手が毎回起こるんです。
そのたびに指揮者の佐々木宏さんが振り返り、一礼してくださいました。
やはり来ている方のほとんどが、クロノの曲を知っている人が多いというのもあると思いますし、
普段からCDなどで聴いていても、いや、聴いているからこそ、
生演奏でこれほど見事な演奏を聞かされたら思わず手を叩いてしまうのだと思います。

そして、曲はつづき、
戦い~ボス・バトル2からはこの舞台の終わりに向けてのクライマックス。
まさにラスボス手前、物語の佳境に入る緊張感が高まってきます。

魔王
少し不気味で得体のしれないBGM。
だが迫力のある音楽で、中盤からは特に好きです。

時の回廊 ジール宮殿
優しいメロディーですが、どこか物悲しい曲。

そして、
最後の戦いへ 封印の扉~シルバード~時を渡る翼~~クロノとマール~遠い約束~
ふたつ続いて優しいメロディーが続きます。
そしてこれがまさに最後の戦いへ赴く前の静けさです。

ここまで曲の構成として、現代→中世→未来→原子→古代
とゲームの思い出が順によみがえってくるような順番になっているのがまたいいです。

最終決戦 世界変革の時~ラストバトル
ラヴォスとの決戦。
戦闘開始とともにラヴォスの叫び声が入るんですが、それはヴァイオリンで表現。
そして最初から最後まで激しいテンポで、一時も息つく暇もない激しい曲。
それをラストにふさわしい素晴らしい演奏をしてくださいました。

そしてエピローグ 遥かなる時の彼方へ
目を閉じてきいているだけです。
それだけで泣けてきそうになります。

最後にプレイしたのは20年ほど前でしたが、
改めて音楽とともにストーリーを振り返ると、壮大なスケールに驚かされます。
時間が許すならもう一度プレイしたいですね。

そしてラピスドリームオーケストラ様は、
素人の私から見ても個々のレベルがだいぶ高いのではないかと思います。
指揮者の佐々木宏さんもHPを拝見しましたが、かなりのキャリアですし、
メンバーもそれぞれの技量も高いと感じました。
また、それ以上に練習量も相当だと思います。

FF6の演奏の時も感動し、今もたまに思い出すのですが、
今回の演奏もこれからしばらく頭の中で、繰り返し思い出されることになると思います。

本当によい演奏、ありがとうございました。
スポンサーサイト

冬コミ新刊完了しました。

冬コミ新刊の居酒屋本の入稿を済ませ、
無事、データチェックも終了しました。