comic city福岡38

9月23日開催のcomic city福岡38にサークル参加します。
九州のカフェ本を作ってからいつか九州の同人イベントに参加したいと思っており、
このシルバーウィークの最終日に参加することにしました。
九州のみなさん、よろしくお願いいたします。

なお、荷造り中に完売したと思った大阪カフェ本の在庫が少しだけ見つかったので、ちょっとだけ持っていきます。

日時:9月23日(水)
会場:福岡ヤフオクドーム
配置:ネ-11a
スポンサーサイト

石見銀山と温泉津

  • Day:2015.09.12 16:58
  • Cat:雑記
お盆休みの三日目は島根県の石見銀山と温泉津へ行きました。
DSC_0423.jpg

DSC_0433.jpg

DSC_0443.jpg

DSC_0441.jpg

DSC_0438.jpg
石見銀山の町並みは国の重要伝統的建造物群に指定されており、散策が楽しいところです。
先日までは悪天候でしたが、この日は天気もよく朝早めに行ったので人もあまりいなく良い写真が撮れました。

DSC_0462.jpg
この日たまたまもらったチラシに、ここ大森小学校で石見神楽の演舞があるということで立ち寄ることに。
この小学校も昔の木造建築をそのまま残した価値ある建築物です。

DSC_0487.jpg
この日の演目は石見神楽のなかでも最も人気のあるヤマタノオロチでした。
石見銀山を訪れた観光客向けでやっているからだと思うのですが、本来は数時間かけて行うところを30分に短縮していました。

DSC_0497.jpg
そしてメインの坑道が、龍源寺間歩。
閉山した昭和18年、228年間も間歩の開発が行われたというのですから驚きです。
中はヒンヤリ涼しくて歩くぶんには快適ですが、坑道のメインの道以外に細く人ひとり分くらいの穴があちこちにあります。
閉所恐怖症と暗所恐怖症でなくとも、もしもの事故を考えると背筋が凍ります。
過酷な労働だったぶん労働者の見入りは当時としては高級だったそうですが、まぁ命かかってますからね。

DSC_0525.jpg
石見銀山の散策を終え、温泉津へ移動。
ここはそこまで観光地化をしておらず、落ち着いた佇まいをみせる温泉街です。
また、昔の銀の積み出し港だったそうです。

DSC_0528.jpg
今回の旅の目的であった藤乃湯旧館。震湯カフェ内蔵丞
1919年竣工、洋風2階建てで和風建築が並ぶ温泉街のなか、ペンキで綺麗に塗装された建物はよく目立ちます。
DSC_0547.jpg

DSC_0543.jpg
ここの特筆すべきは建物の内装の装飾も美しいが、テーブルやその他の家具もアンティークなものをそろえられており、そのあたりのセンスが非常に良いと思いました。
いままで巡ったところでも近代建築を利用したカフェのなかテーブルやイスなどが安物で残念だなぁと思うのがよくあるんです。
だいたいそーゆーところのオーナーは経営者として運営しているところで、自分の趣味とこだわりで運営しているオーナーは様々なところに気を配っているのが見てとれます。

DSC_0538.jpg
ここおすすめの「江戸時代の奉行飯(1000円)」をいただきました。
江戸時代、温泉津の奉行に伝わった当時の贅沢ご飯と、薬師湯の温泉水で蒸し上げた温野菜のセットです。
温泉の成分で蒸し上げることで野菜のうまみを引き出すのだそう、お店のメニューに書いてあるとおり、塩だけで食べても美味。

DSC_0541.jpg
食後は「温泉カプチーノ(500円)」をいただき、温泉津の町を見ながら一服。
かわいらしい温泉マークが愛らしいです。

DSC_0551.jpg
そして薬師湯で温泉に入り、二階の休憩スペースで1時間以上は休んでいきました。
温泉は温泉協会の評価基準で最高のオール5を取得しており、成分はとても濃いです。
入ると、体がジンジンするのがわかるほど。

DSC_0555.jpg
温泉の屋上も休憩スペースになっており、ちょうど夕暮れに差し掛かろうという頃。
沈んでいく日とひぐらしの鳴き声がまたいい雰囲気を出しているんです。

DSC_0574.jpg

DSC_0573.jpg

DSC_0576.jpg
日が沈むと薬師湯もライトアップされ幻想的な雰囲気に包まれます。

島根県の観光名所といえば出雲大社や石見銀山が主ですが、私は温泉津がいちばん良いところだと思いました。

翌日に用事があり、今年のお盆休みは3日と半でしたが、なかなかに充実した休暇でした。
また、島根で出雲ビルというレトロビルのカフェを偶然見つけたので、また近いうちに再訪しなければなりませんが、
それもまた楽しみです。

自転車旅の本

  • Day:2015.09.07 22:07
  • Cat:雑記
もう3年半以上前に自転車旅の本を出したことがあるんですが、
というか今も即売会で売っているのですが、

今読み返すと、

昔の日記を晒しているという現実にものすごく恥ずかしい気持ちになりました

鳥取・島根まで旅行

  • Day:2015.09.07 08:01
  • Cat:雑記
今年のお盆休みは鳥取・島根に行ってきました。
即売会でお話した方もおられると思いますが、次回の本は中四国のカフェ(発売未定)を計画していまして、
その取材を兼ねた旅行でもあります。

移動手段は得意の青春18キップです。

初日に大阪から鳥取まで移動しました。
その途中に岡山県の津山に寄りまして城西浪漫館(中島病院旧本館)に訪れました。
DSC_0345_20150825214712c44.jpg
中にカフェスペースがあることにはあるのですが、料理は文化財のため火が使えないので凝ったものが作れない様子。

DSC_0347_20150825214709da9.jpg
しかし、珈琲のほうはかなりちょっとおもしろいものを出しているのです。
これがその榕菴珈琲なるもの。
かつて津山藩の蘭学者、宇田川榕菴はたいへん珈琲を好まれていたそうで、彼が残した文献などを手掛かりに再現したのがこちらの榕菴珈琲です。
この特製のコーヒーカンも当時、榕菴が愛用していたものを再現したものだそう。
榕菴珈琲はネットなどでも購入することができますが、こうやって飲めるのはここだけ。
しかも、私たちがよく使う「珈琲」という漢字、実はこの宇田川榕菴が考案したものだそう。
ほかにも酸素、水素、窒素、炭素などほかにも我々になじみ深い漢字も同士の造語だったというのは驚いた。
この榕菴珈琲は津山の名物でネット通販やお土産でも好評発売中です。

DSC_0363.jpg
初日はこのまま鳥取まで電車で移動し、宿泊。夜は駅までの居酒屋で鳥取名物のあご(トビウオ)のちくわなどをいただきました。

旅行二日目は島根の出雲まで移動。
本当は鳥取の五臓圓ビル内にあるカフェに行こうと思っていたのですが、この日は臨時休業だったため、中止。なればニュースで話題のすなば珈琲へ行こうと思ったのですが、駅前の店舗は行列がなかなか多く、列も進む様子がなかったのでそのまま鳥取を発ちました。

DSC_0383.jpg
ここは一畑電車の出雲大社前駅構内にあるカフェ。

DSC_0380.jpg
小柄な駅舎ながらも有形文化財に指定されています。

DSC_0387.jpg
出雲大社のほうはもう置いておいて、ここで一番見ておきたかったのが1924年竣工のこの旧大社駅です。

DSC_0405.jpg
駅舎内も優雅なもの。高い吹き抜けと天井は格式の高い折上格天井。

DSC_0407.jpg
かつて出雲大社へお参りするために長旅から電車に降り立った人を迎え入れるに十分に値するこの社寺建築風の堂々たる駅舎。

DSC_0393.jpg
駅のホームからは出雲大社参道にある大鳥居が見えます。

出雲大社へお参りする人は多いですが、こちらは若干距離もあるからか人は少なめ。ですが、こちらも見ごたえがあるので是非見ていかれたほうが良いです。

DSC_0411.jpg
島根の夜のおともは、松江にある居酒屋「一隆」へふらっと寄りました。

DSC_0412.jpg
まず、刺身の盛り合わせ。

DSC_0414.jpg
日本酒三種の利き酒。
DSC_0415.jpg
まー松江といったら外せないのが宍道湖のしじみです。
しじみの香りがまたとても上品で、とてもあったかい味をしてます。

DSC_0417.jpg
そして〆に頼んだこの大山ルビーのしょうが焼き。
大山ルビーというのは鳥取のブランド豚なんですが、この豚が今まで食べた中でも断トツに美味い!!
カウンター席の横にいた旅行者の方とずっと話していたのですが、二人ともこれを食べるときはまったくの無言。一心不乱にかきこみましたね。
サービスにしじみの味噌汁をいただいのんですが、これがまた絶品で、ご飯もご主人の地元からとれるブランド米だそうで、これも美味い。
ご飯、味噌汁、しょうが焼きと最高の込み合わせでこのときは日本人でよかったとしみじみ思いました。

こうして旅の一日目、二日目は更けていきました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。