コミティアに参加します

今年のゴールデンウィークは東京のコミティアに参加します。
コミケ以外では初めての東京進出、いつもはバタバタと忙しなく過ごす滞在期間も
今回は5日間たっぷりと東京を満喫する予定です。
冬コミのときは行きたいお店が年末年始休暇に入っていることがよくありますし…。
また、おすすめのお店などがありましたら教えてくれださるととても助かります。

コミティアのスペースNoは「Y20b」
新刊はありませんが、既刊はすべて持っていきます。
それでは、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

下関旅行4

居酒屋から帰りぐっすりと寝て、翌日は軽い二日酔いにかかりました。
ビール、焼酎、ヒレ酒と3杯しか飲んでいなかったのにやはりチャンポンは効くということでしょうか。

DSC_0140.jpg
ホテルのチェックアウトを済ませ、
昨晩は貸切で入れなかった旧下関英国領事館へ昼のランチへ行きました。
現存する国内最古の領事館で、煉瓦造り2階建ての本館に、平屋の付属室があります。
近年下関市によって大幅な改修工事が行われ、その際に建物ごと底上げをしております。

DSC_0138.jpg
正面のペディメントは古写真及び諸資料を参考にし復元されたもので、英国の専門家によるとヴィクトリア女王の紋章のものだそうです。
領事館解説が1901年でちょうどそのころ王位がエドワード7世に引き継がれたので、開設時に使われていたものがそのまま使われていたみたいですね。

DSC_0123.jpg
ちょっと贅沢に、ランチコースAを注文しました。まず、前菜のサーモンと彩り野菜のテリーヌ

DSC_0129_201503152154207eb.jpg
蕪とトリュフのスープ カプチーノ仕立て

DSC_0131.jpg
メインのローストビーフ
ガラガラ~と台車がやってきて自分の横にきたときは驚きました。
ここでは目の前で切ってくれるパフォーマンスがあるんですね。
回りのお客さんもめっちゃ見てくるしちょっと気恥ずかしかったです。

DSC_0134.jpg
デザートのチョコレートムース
コース料理で説明もちゃんとしてくれますし、けっこうよかったです。ローストビーフが自慢みたいでたしかに美味しかった。
ディナーで英国ビールと料理を楽しみたかったがまぁそれはまたの機会でいいかな。

DSC_0156.jpg
最後、下関来てふぐ刺し食ってねぇってことで唐戸市場へ行って安い500円のものを食べました。
そして渡し舟で下関⇒門司港、電車で門司港⇒小倉、新幹線で小倉⇒大阪まで帰宅し今年初の小旅行は終了。

ちょっと天気には恵まれなかったけど美味しい旅でした。

次はゴールデンウィークのコミティアが受かったら東京へ4泊滞在し、東京のカフェ巡り(酒場巡り)したいなぁと思っています。

あと今月28日開催されるコミケットスペシャル6の一日目、
スペース「J51b」 サークル「幻想迷宮」さんのご好意により、九州と兵庫のカフェ本20部ずつ委託して頂くことになりました。
幻想迷宮さんのファーストクラス旅行記本など、普通触れることのない空の旅は一見の価値ありです。

下関旅行3

  • Day:2015.03.12 22:33
  • Cat:雑記
長府を回ったあと、下関まで戻りホテルへチェックイン。
夜行バスの疲れが出てきたので3時間ほど仮眠しました。

そして準備を整え、旧下関英国領事館でディナーとしゃれこもうとしたのですが…(つд⊂)
DSC_0101_201503112151346ff.jpg
ごらんの通りの有様で…

先日にも書きましたがその日は春一番が吹き荒れ、傘をさすのがやっとの状態でようやくたどり着いたのに…

こうゆう日もあると気を取り直し、こうなったら下関のおいしいものを食べようと商店街をぶらつくも
外の天気は大荒れで、土曜日の夜なのに人がほとんど出歩いていない状態。

いちおう屋台村のようなところはあったんですが、さわがしい感じで一人じゃキツイところでした。

そして最後にたどり着いたのが、ここ日本料理「しらかわ」
DSC_0103.jpg

ちょっと敷居高いかなと思いつつ扉を開けると、カウンターに(ひまそうに)座っていた大将が
こちらへ振り向き「いらっしゃい!」と笑顔で言ってくれました。
この時点でいい印象でしたね。

とりあえずビールと付出しのあんこうのキモ。
味がしみていて旨かったなぁ。
DSC_0104.jpg

予算は相談してくれるとのことなので、料理は6500円でお願いしました。
そしてまず一品目。刺身の盛り合わせ。
一番手前が車海老で、さっきまで生簀で生きていたものです。
これは本来はなかったんですが、大将がどうせ死なせてしまうからということでサービスしていただきました。
車海老の刺身を食べたのは初めてで甘くてプリプリとした食感がたまりません。
DSC_0105.jpg

そして次に出てきたのがこでなんですが、ちょっとど忘れしてしまいました。
まぁ美味かったのは確かです。
DSC_0107_20150311215351abd.jpg

次に出てきたのがアンコウの天ぷら。
新鮮なものがなかったので天ぷらにしたと言っていましたがこれでも十分に美味いですから。
DSC_0110_201503112153532c8.jpg

天ぷらついで、さきほどの車海老の頭の天ぷらです。
ふだんエビの頭を食べない自分でも美味しく頂きました。
DSC_0108.jpg

なにかの土瓶蒸し。これも忘れてしまった。
DSC_0109.jpg

締めの寿司とふぐのひれ酒。
DSC_0113.jpg

今回ちょっとど忘れが多いのは、ここの奥さんがとてもおもしろい人でまぁよくしゃべります。

大阪から旅行で来たというと、私も大阪行きたい、大阪のおばちゃんと気が合うと思うと自分でおっしゃっていましたが、
僕もそう思います。

この日はお客さんがぼく一人でたいへんよくしてもらいました。
ちょくちょく東京とかから一人旅の若い男の人がふらっと入ってくるそうで、このおばちゃんはそういった人とよくしゃべっているみたいですね。会社の宴会や接待の人よりもそういう人が好きみたいです。
僕みたいにカメラを持って料理を写していく人もいるらしく、「ブログで宣伝してね」と言われていたので、ちゃんと宣伝しときますね。

ここ「しらかわ」は旅人を暖かく迎え入れてくれるアットホームな居酒屋です。
一人でも気兼ねなく入れるので旅行の際には立ち寄ってみてください。おばちゃんと楽しくお話ができますよ!

以上、下関の居酒屋紹介でした。

下関旅行2

  • Day:2015.03.03 22:38
  • Cat:雑記
お昼は下関南部町郵便局の中に併設されているカフェ「多羅葉」へ
現役の郵便局としては日本最古で竣工は1900年ちょうどです。
DSC_0072_20150303215107f4d.jpg

多羅葉でも中世ヨーロッパのようなと紹介されている中庭。
中世ヨーロッパはちょっと言い過ぎかなとは思うますが、
周囲と隔てた独自の空間となっています。
あいにくの天気でしたが晴れだったらなおさらよかったですね。
DSC_0057_201503032151118a4.jpg

多羅葉カレーセット 950円をいただきました。
DSC_0060.jpg

夜中にはライトアップされていてこれがすごい綺麗です。
DSC_0087_20150303215155f77.jpg

ちょうどこの日は下関に春一番が降りていて雨風がすごいなかなんとか撮った一枚。
橋の欄干にカメラをのせて手ブレを防ぐ工夫を強いられました。
DSC_0097_20150303215158df4.jpg

午後からさてどこへ行こうかと思っていたところ多羅葉の店員の方と話をしていたら
バスで10分くらいの長府ってところがかつての城下町で、
通りには骨董屋や、カフェ、ギャラリーが並んでいるとのことなので行ってみることに。
あまり写真は撮っていませんが、神社などが多く町並みも綺麗なところでした。
ここではアンティーク屋兼カフェがあって、
昔の腕時計や海外の昔のドアノブなどのDIY用品、小物、食器など品揃えが良い店があり、
自宅用にこじゃれた棚受けを買いました。
DSC_0067_20150303215152820.jpg

カフェ以外あまりリサーチしていなかったのですが、ここはけっこうおもしろいところでもっと本格的に調べていけばよかったなぁ。

下関旅行1

  • Day:2015.03.01 22:25
  • Cat:雑記
2月21日から22日の土日の間に下関まで旅行に行ってきました。

行きは大阪から夜行バスで小倉まで行き、
電車で下関まで。
DSC_0006_20150301220129841.jpg

もちろん目的は下関のカフェ巡りです。
というか門司からこんなに近かったらこのあいだついでに寄ればよかったなぁと後悔。
下関、門司、若松はレトロ建築の密集地ですね。

とりあえずまず何食おうかと思って訪ねたのが、以前テレビで見た唐戸市場
ここは市場と観光が半々になったようなところで、一般の人でも気軽に新鮮な魚介類を買い物や食事できるところです。
上の通路から見たらこんな感じでまぁ人が多いです。
DSC_0039_20150301220156658.jpg

DSC_0022.jpg

DSC_0031.jpg

DSC_0016.jpg

DSC_0020_201503012201272e9.jpg

DSC_0018_201503012201273a1.jpg

DSC_0017_20150301220126e03.jpg
このように買い物ができるようになっています。
地元に住んでいれば普段から料理用に買い物もできるんだろうなぁ。
ウチワエビは関西じゃなかなかお目にかかれないし。
というかウチワエビ一匹500円って、諫早の居酒屋で造り盛り合わせ1000でまるっと一匹入っていたのはかなり
奮発してくれたんだなぁ。

DSC_0034_201503012201540d2.jpg
地元の魚を使った
DSC_0035_20150301220155512.jpg

DSC_0042.jpg
このように主に地元の魚を使った寿司が観光客の胃袋を掴んで放しません。
そのほかにもフグの天ぷらやヒレ酒、海鮮丼などなどが置いてあります。

DSC_0044.jpg
フグ汁と、フグの天ぷら、タイ・ヒラメ・ブリ・フグ・アナゴ・カニの寿司で計1400円くらいの豪華な朝食をいただきました。
ちなみに、近くのひとはどんどん頼んで僕の同じサイズのカゴで4000円以上いってました。
美味しそうだからどんどん頼んじゃうんですよね。
ここではちょっとセーブ気味にいかないと会計がえらいことになってしまいます。

では、また下関旅行は徐々に更新していきます。