FC2ブログ

ラピスドリームオーケストラ アンコール演奏会2019に行ってきました。

  • Day:2019.06.17 00:12
  • Cat:雑記
6月9日(日)に神戸文化ホールで行われたゲーム音楽団体ラピスドリームオーケストラ様のコンサートへ行ってまいりました。

今回は今まで演奏してきた曲の中から団員の投票・選出で選ばれた曲の再演という形だそうです。

まずプレコンサートより
NieRの曲がありました。
こちらは団員の方の強い要望だそうで、その方いわく「もうこの曲を演奏できただけでおおかた満足」とおっしゃっていましたw
2010年発売と言っていたのでレプリカントのほうですね。

次にFF2か3の以前演奏目録から漏れた曲を演奏されていました。
確か実際のゲームには使われていないサントラにしかない曲だったらしいです。

ほかにもあったんですが、覚えているのはこれだけで…。

以下プログラムより
1部前半
◇クロノトリガー
・朝の日ざし
・やすらぎの日々
・ガルディア王国千年祭
クロノトリガーの序盤でよく流れる曲ですね。
 朝の日ざし、やすらぎの日々ときて、懐かしさがこみ上げ、
 ガルディア王国千年祭では、パンフにも「ハッ」と合いの手を入れたくなるとあるとおり、
 心の中で私も合いの手を入れました。

◇聖剣伝説 LEGEND OF MANA
・ホームタウン ドミナ
 こちらもゲーム音楽で有名なBGMです。
 優しい中にもどこか切なさのこもったメロディーです。

◇サガフロンティア2
・Romantik
・Feldschlacht I
 こちらは少しだけ聞いたことがあった曲です。
 オーケストラでFeldschlacht Iを聞いたときはだいぶ激しい印象でした。
 自宅で聞きなおした所、さわやかでテンポの良い曲だと思いました。
 と同時にああ、こーゆー曲だったのかと、もう一度オーケストラで聞き直したい気持ちが出てきましたね。

◇ポケットモンスター
・オープニング
・トキワへの道 マサラより
・ニビシティのテーマ
・ハナダへの道 おつきみ山より
・マサキのもとへ ハナダより
・シオンへの道 クチバより
・26ばんどうろ
・エンディング
 ゲームボーイの音源をオーケストラでやるとこのようになるのかと
 オープニングはやはりゲームをやっていなくても、おおこれぞポケモンだなとなる曲ですね。
 そのほか聞き覚えのある曲ばかりです。
 少し調べるとゲームボーイの音源はBG音源というらしいです。
 詳しいことは不明ですが、これはこれで良いですね。
 今のゲーム音楽もあえてFM音源でアレンジしたりするのもありますし。

◇イーハトーヴォ物語
・イーハトーヴォ賛歌
 ポケモンから少しシリアスになり、心が落ち着くような曲でした。

◇MOTHER3
・LOG-TYPE
・内輪差だよ人生は
・映画館でせんべいは食べないで
 コミカルな曲でおもしとかったですね。

◇CHRONO CROSS
・時の傷跡
 押しも押されぬ超人気曲です。
 3回目の公演で演奏したときに聞いた曲です。
 改めて聞くと本当にいい曲です。

◇ワンダの巨像
・巨像の気配
・荒ぶる邂逅 巨像との闘い
・禁断の術
・蘇る力
・闘いの終わり
 パンフに書いてあるとおり、巨像の出現から闘いの終わりまでのメドレーとなっています。
 未プレイのゲームでも曲を聴いているだけでも巨像との激しい戦いが想像できました。


ここで休憩をはさみ次の2部はファイナルファンタジーの曲集です。

◇FINAL FANTASYⅢ
・悠久の風
 長年ラピスドリームオーケストラのHPで掲載されていた曲です。
 今でもニコニコ動画で見れますね。
 フィールド曲ながら壮大で冒険心を掻き立てられる曲です。

◇FINAL FANTASYⅡ
・反乱軍のテーマ
 タイトルだけだと荒々しい曲かと思いましたが、
 落ち着いた、どこか誇り高い曲でした。

◇FINAL FANTASYⅤ
・はるかなる故郷
・想い出のオルゴール
・暁の戦士
・ビッグブリッジの死闘
 はるかなる、想い出とおだやかな曲が続き、暁の戦士は力強さを感じました。
 そしてだんだんとビックブリッジの死闘の演奏が近づくにつれ、
 こちらも聴くだけですが集中力が高まります。
 そしてビックブリッジの死闘が始めりました。
 すごい音の渦!すべての楽器が休まず激しく演奏します。
 とても聴きごたえのある演奏でした。本当にこの曲を生で聴けたのは良かった。

◇FINAL FANTASYⅨ
・盗めぬ二人のこころ
・その扉の向こうに 
 初めて聴きましたが、どこか耳に優しいというかリラックスできる曲でした。
 

◇FINAL FANTASYⅥ
・序曲
・アリア
・婚礼のワルツ 決闘
・大団円
 そして最後はFF6からオペラ座のメドレーですね。
 いつかの全曲演奏した時に聴きに行ったことを思い出します。
 前回セリスの歌の部分はハープで演奏されていましたが
 今回はピッコロ(多分)で演奏されていましたね。
 オーケストラによるゲーム中のオペラの演奏はすごい親和性が高く、
 目を閉じるとゲームの世界が思い出され懐かしさでいっぱいになりました。

そして演奏会が終了し、、


ません。

アンコールで
大神(大神伝?)の曲と
天外魔境2(うろ覚え)の曲を演奏。

特に天外魔境2は発表された時、隣に座っていた方が思わず吹いた後「マジで?」
とつぶやいていました。
知る人ぞという曲みたいですね。

今回もすごい聴きごたえのある演奏会でした。
いつも行くたびに大人になっても趣味に夢中になれる活力のようなものを
分け与えてもらっています。

また次回の演奏会楽しみにしております。
スポンサーサイト

アニメ「風が強く吹いている」を見て

  • Day:2019.04.02 23:47
  • Cat:雑記
アニメ「風が強く吹いている」が最終回を迎えました。
関西は今日の深夜放送で、私は我慢できずニコニコ動画https://www.nicovideo.jp/watch/so34854937で先に見てしまいました。
これがもう、最高で最高でした。

年々アニメを見る本数が減り、惰性で消化していたここ最近、
たまたま放送前にPVを見て第一話https://www.nicovideo.jp/watch/so33958357を視聴。
ストーリーは大学の寮で偶然集まった10人のうちの1人が
この10人で箱根駅伝を目指そうというところから物語は始まる。
最初はみんな本気じゃなかったものの、
言い出した1人の決意の固さと行動力に動かされ、だんだんと全員が箱根を目指していくというもの。

詳しくは10分のダイジェストがあるのでこちらをご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=SAi1soeTkG4

ただ走るということだけでこんなにも物語はあるのかと、
本当にこの半年間、毎週毎週楽しみにしていました。
話が進むにつれ最初は陸上未経験の部員達が、
選手として成長し、又、ときにはぶつかる時もあるが、
互いの意見や長所を認めあい、人として成長する描写が丁寧に描かれています。

最終回を見て思わず感想をどこかに出したいと思い今回ブログを更新しました。
まだ未視聴の方よかったらいろいろと配信しているのでご覧ください。
とりあえず日テレプラスというスカパーのチャンネルhttps://www.nitteleplus.com/program/anime/kazetsuyo_anime.htmlでは今週の日曜に一挙放送をするみたいです。

ああー、記憶を消してもう一度最初から見たい。

イベントお疲れさまでした。

  • Day:2019.01.21 00:06
  • Cat:雑記
コミックシティ、コミトレお疲れ様でした。

今回は本当に久しぶりに新刊を持っていくことができたので、
いつもより少し気合を入れてイベントに行けました。
やはり既刊だけだと少し新鮮味が足りませんでしたので。

今日のコミトレで新刊を持ってのイベントがあらかた終わりました。
そして、同時に今日からとらのあなさんでも新刊の委託販売が始まりましたので、
未読の方はよかったらそちらのほうもよろしくお願いします。https://ec.toranoana.jp/tora_r/ec/item/040030697975
なにやらバナーまで作ってもらっててありがたいです。

とりあえず今年はイベントにちょくちょく参加しつつ、京都、兵庫、滋賀のカフェ巡るをしていきたいですね。

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

冬コミお疲れ様でした。
平成最後のコミケの、しかも最終日ということもあり、いつもより若干人の多かったんじゃないでしょうか。
そんな中、当サークルまで足を運んでくださり、ありがとございました。

久しぶりの新刊ということもあり、いままで既刊を買っていただいた方々からも
いままでの感想などを頂き、売り子さんほうからもいろいろと話しかけてくれる人が多かったと
聞いて、とても充実したイベントになりました。

相も変わらず発行ペースは牛歩ですが、
細く長く活動してまいりたいと思います。

さて、冬のイベントはあと、
コミックシティ大阪118
1月13日(日)
6号館A
モ37b

こみっくトレジャー33
1月20日(日)
キ08a
に参加します。

新刊をもって関西に凱旋するのがとても楽しみです。
では、また、イベントでお待ちしております。

冬コミ新刊届きました

前回のカフェ本からずいぶんと時間が経ちましたが、
久しぶりに新刊ができ、本日印刷所から届きました。

ほんと何度経験しても、この新刊を開封する瞬間はドキドキします。
印刷の出来もですが、自分が作ったものが本という形になるのはいいものです。

DSC_0692.jpg

今回は、九州、中四国ときて、関西にまた戻ってきました。
といっても関西は、大阪、京都、兵庫だけで本が一冊できるほどの量になるので、
上と下に分けて出します。

とりあえず今回の上は、大阪・奈良・和歌山・三重のカフェをまとめ、
計74ページといういままでで一番のボリュームになりました。

DSC_0679.jpg
目次

DSC_0697.jpg
GOKAN

DSC_0693.jpg
スモーブローキッチンナカノシマ

やはり74ページだけあって厚みもいままでよりずっしりしています。
そして今まで500円で配布していましたが、少し値上がりして600円となります。
どうかご容赦のほどお願いいたします。

冬コミにはこの新刊と、九州カフェ本、中四国カフェ本と、その他居酒屋本を少々
持ち込みします。
それでは、ビックサイトで皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

12月31日(月)
三日目 東2ホール Q-45a
「旅ガラス」
新刊「関西の近代建築物で巡るレトロなカフェ -上-」(600円)